メイドカフェ(メイド喫茶)でぼったくりは?

バーやキャバクラとは違い、明るいイメージのメイドカフェ(メイド喫茶/コンカフェ(コンセプトカフェ))。
まさか、ぼったくりメイドカフェなんてないよなぁ?と普通の人は思うはず。
しかししかし、そこはやはりお酒と女の関わる飲食店、
極々少数ですがメイドカフェの聖地である東京秋葉原のメイド業界にてぼったくりらしきメイドカフェの報告や情報を得ております。
※あくまでも個人的感想です。

調べた中で問題と思われる東京秋葉原のお店は、メイドカフェやメイドカフェ&バーやコンカフェではなく、メイドガールズバーといった形態のお店です。
内容としては、ぼったくりバーやぼったくりキャバクラのように会計が一桁おかしい、とまでのものではありませんが、
メイドさんに飲ませるドリンクが通常の1.5~2倍以上に高く、なのに量は以上に少なかったり、飲み干して次のお代わりを頼むのが異常に早かったり、ドリンクやボトルを頼まざるを得ない会話をしてきたり、頼んでも無いのにドリンクやボトルを持ってきたり、
そんなこんなで自然に流されるように飲んで終わったら会計が通常考えられる料金の数倍、なんて話です。

あくまでもこれは接客内容・飲食物内容・料金に関しておかしいという意味で今回ぼったくりという表現を使っていますが、
実際ぼったくりメイドのはっきりとした定義はありませんし、たまたま凄く高い店で凄く酷いメイドの対応をされた話を聞いてしまっただけかもしれませんので、この店はぼったくりだ、とは断言はしませんが、
このようなお店も中にはありますので、メイドさんと楽しく飲みたいと思ってるご主人様(お客様)の皆さんはご注意くださいね。